読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関ジャニ∞を好きになった話

エイトに関することを考えてみた。

最初に関ジャニ∞として認識したのは2008年。

その当時私の周りでは嵐やHey!Say!JUMPが流行っていて、周りだけではなく自分も嵐にハマっていた時期だった。

その時期に友達が無責任ヒーローがハマっていて歌っていたから、ネットのYoutubeで見た。

 

 

私の最初の感想は

「ああ、はしゃいでいる。元気だなあ。この顔でもジャニーズに入れるんだ。」

と思ったのだ。

 

今思うと、ホントにバカだ。

どのツラ下げてそんなこと言っている。なぜその魅力がわからない。

カッコイイだろー!お前の目は節穴かとさえ思う。

 

 

その時には気づかなかった。

周りに流され嵐が好きだったからかもしれない。

エイトを好きになる機会を逃してしまった。

 

今考えてみると、嵐に興味がない2006年or2007年からジャニーズカウントダウン見ているはずだか、関ジャニ∞も嵐でさえもはっきり覚えていない。

 

そんなこんなで次の機会がやって来た。

2009年後半、友達がある番組をすすめてきた。

関ジャニ∞のジャニ勉

である。

最初は録画したものを見たら消していた。いつの日か「消したくない」と思うようになり、消さないままで数週間過ぎた。

 

ふと思った。 もう関ジャニ∞のファンなのではないか。 気付いたら早かった。

その年のジャニーズカウントダウンはしっかり認識してみていたし、関パニも録画し冒険MAPも見た。 エイトのコンビたちに萌えたり、きゅんきゅんし始めていた。

 

その過程で 「関ジャニ∞横山裕村上信五のレコメン」 を聞いてしまった。

そこからは居心地の良い泥沼に入っていくのは早かった。 二人にオススメされて(それこそレコメンされて)「Wonderful World」を買い、そのまま「LIFE〜目の前の向こうへ〜」を買ってしまった。

これが一番いけなかった。 あの8UPPERSに出会ってしまった。

 

とうとう関ジャニ∞の面白い部分と8UPPERSによってカッコよくて色っぽいところまで知ってしまった。

 

それからは 約6年間私は関ジャニ∞を好きでい続けている。